経営お役立ち情報

コード決済における不正利用に関する責任分担・補償等 規定事例集
( 2019.9.15)

▼概要
昨今のコード決済サービスにおける不正利用事案の発生を受け、不正利用が行われた場合の決済サービス利用者とコード決済事業者間の責任分担・補償等について、各コード決済事業者の規定を集めた事例集を、「一般社団法人キャッシュレス推進協議会」にて作成・公表しました。

▼詳細
「一般社団法人キャッシュレス推進協議会」
詳しくはこちらへ

価格交渉サポートセミナー
( 2019.9.15)

▼概要
下請等中小企業の方が取引先との価格交渉を行う際に、あらかじめ知っておくべき基本的な法律の知識、トラブル発生のおそれのある取引や交渉のヒントになる事項等について、分かりやすく説明します。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

地域建設産業 事業継続支援事業
( 2019.9.15)

▼概要
中小・中堅の建設企業及び建設関連企業を対象に事業承継や生産性向上の課題解決に向けて、専門家による経営支援を行います。
相談支援(電話1回及び訪問1回)は1企業申込み1回までで、令和2年1月末まで窓口を開設します。
なお、継続的な訪問支援を行う「重点支援」の申込期限は9月27日です。

▼詳細
「一般財団法人建設業振興基金」
詳しくはこちらへ


「中小企業優秀新技術・新製品賞」を募集中(賞金あり)
( 2019.9.1)

▼概要
りそな中小企業振興財団は、中小企業の技術の振興を図り、わが国産業の発展に寄与することを目的に毎年1回優秀な新技術・新製品の表彰を日刊工業新聞社と共催で実施しています。
「一般部門」、「ソフトウエア部門」の2部門において、厳正な審査のうえ優れた新技術・新製品等に対して中小企業庁長官賞、優秀賞、優良賞、奨励賞の各賞を贈賞し、副賞として最高100万円を贈呈しています。
受賞した各社からは、知名度が向上し、販売先の拡大や売上の増加、開発技術者のモラールアップに役立っているほか、他社・公的機関との連携・共同開発などにおいて、多面的な効果に結びついているという声が寄せられており、本賞の受賞が大きな波及効果をもたらしています。

▼詳細
「りそな中小企業振興財団」
詳しくはこちらへ

ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金 2次公募
( 2019.9.1)

▼概要
本事業は、中小企業・小規模事業者等が取り組む、生産性向上に資する革新的なサービス開発・試作品開発・生産性プロセスの改善に必要な設備投資等を支援するものです。

▼詳細
「全国中小企業団体中央会」
詳しくはこちらへ

中小企業経営診断システム(McSS)
( 2019.9.1)

▼概要
一般社団法人CRD協会の100%子会社CRDビジネスサポート株式会社が提供する中小企業経営診断システム(McSS)は、わかりやすさと使いやすさをコンセプトに開発された財務診断ツールです。
特徴
(1) 信用保証協会での保証料率区分決定にも利用されるCRDモデル3を用いて財務状況を評価している点、
(2) 診断結果帳票にグラフや表を多く取り入れ、コンパクトさとビジュアルに配慮している点、
(3) 全国約100万社の財務情報と比較し、信用力の位置づけと財務面の強み・弱みを表示している点
顧問先中小企業や金融機関・信用保証協会とのコミュニケーションツール、また支援先への経営支援ツールとして幅広くご活用いただけます。

▼詳細
「CRDビジネスサポート株式会社」
詳しくはこちらへ


消費税軽減税率制度説明会」講師派遣事業
( 2019.8.15)

▼概要
商工会、商工会議所、中小企業団体中央会、商店街振興組合連合会、事業者団体等が、中小企業向けの消費税軽減税率説明会を行う場合、中小企業庁より事前登録された講師を派遣し、消費税軽減税率の支援措置(補助金等)について中小企業庁発行の資料等をもとに説明をします。

▼詳細
詳しくはこちらへ

「商店街活性化・観光消費創出事業」三次締切
( 2019.8.15)

▼概要
商店街を活性化させ、魅力を創出するためには、近年大きな伸びを示しているインバウンドや観光等によって、地域外や日常の需要以外から新たな需要を取り込み、消費の喚起につなげることが重要です。
そこで、免税対応施設やWi-Fi設備、店舗の多言語対応化などの環境整備やインバウンド・観光需要を取り込むためのイベント等に補助金が活用できます。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

HACCP(ハサップ)義務化 「導入のための参考情報」
( 2019.8.15)

▼概要
HACCPとは、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようする衛生管理の手法です。
もともとは、NASA(アメリカ航空宇宙局)で宇宙食の安全確保のために生み出された管理手法でしたが、国連の機関により国際的な食品規格として公表され、現在では、アメリカ、EUをはじめ、世界各国で導入されています。
日本でも、2018年に改正食品衛生法が成立し、2020年に施行、1年の猶予期間を経て2021年までに「HACCPに沿った衛生管理」が完全義務化されることが決定しました。

▼詳細
詳しくはこちらへ


IT導入補助金 二次公募
( 2019.8.1)

▼概要
本事業は、ITツール(ソフトウエア、ITサービス等)のサービスを導入しようとする事業者に対して、その事業費等の経費の一部を補助することにより、中小企業・小規模事業者の経営力向上を図ることを目的としています。
補助金の申請は、「IT導入支援事業者」による代理申請になりますので、申請書類作成での不安がある方でも大丈夫です。

▼詳細
「一般社団法人 サービスデザイン推進協議会」
詳しくはこちらへ

自家用発電設備等利用促進対策事業(補助金) 二次公募
( 2019.8.1)

▼概要
本事業は、大規模災害時等に系統電力等の供給が途絶した際に、生活必需品の供給やサプライチェーン維持等のために重要な中小企業者の事業の中断を未然に阻止する体制を確保するため、石油製品等を用いる自家発電設備等の設置に要する経費に対して、当該経費の一部を助成するものです。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

地域団体商標ガイドブック2019
( 2019.8.1)

▼概要
「地域団体商標制度」とは、例えば「大間まぐろ」「米沢牛」「下呂温泉」のような、地域名と商品・役務名を組み合わせた商標です。
この制度は平成18年4月に導入され、登録主体はこれまで事業協同組合等の特別の法律により設立された組合に限られていましたが、現在は、商工会、商工会議所、特定非営利活動法人も、地域団体商標の出願ができるようになっています。
本ガイドブックは、制度の概要、Q&A、活用事例、特許庁の支援策を掲載する他、現在登録されている地域団体商標も紹介しています。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ


クルマの税金変わります(令和元年10月〜)
( 2019.7.15)

▼概要
令和元年10月、クルマの税が大きく変わります。主な変更は下記です。
(1) 10月以降に購入する新車登録車から「自動車税」が毎年減税。
(2) 消費税率引き上げ時に「自動車取得税」が廃止され、導入される購入時の税(環境性能割)は、燃費がいい自動車ほど税が軽減。
(3) 加えて、2019年10月1日〜2020年9月30日の1年間は環境性能割の税率から1%分軽減。新車と中古車ともに対象。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

事業承継補助金 (二次公募)
( 2019.7.15)

▼概要
事業承継、事業再編・事業統合をきっかけとした、中小企業者等による経営革新や事業転換への挑戦を応援するため、「事業承継補助金」を実施します。
(1) 指定期間内に、事業承継(代表者の交代)を行う「後継者承継支援型」
(2) 指定期間内に、事業再編・事業統合を行う「事業再編・事業統合支援型」

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

路線価図等の公開(令和元年分)
( 2019.7.15)

▼概要
路線価とは 相続税や贈与税の計算をする時に使うものです。現預金や有価証券等の価値は分かりやすいですが、土地の時価を計算するのは大変です。
そこで国は道路に路線価という価格をつけ、これに土地の面積を掛けて土地の相続の評価にしました。
このたび、令和元年分の路線価が公開されました。

▼詳細
「国税庁」
詳しくはこちらへ


宿泊施設バリアフリー化促進事業(補助金)
( 2019.7.1)

▼概要
観光庁は、旅館・ホテル等の宿泊施設が実施する客室や共用部の整備を支援する「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業費補助金(宿泊施設バリアフリー化促進事業)」の2期募集を行なっています。
年1期募集では、客室の大規模改修等のみを補助対象事業としていましたが、2期募集では客室の必要最低限の改修や共用部の改修も対象とし、宿泊施設のバリアフリー化をより幅広く支援していきます。

▼詳細
「観光庁」
詳しくはこちらへ

中小企業強靱化対策事業(防災・減災に係る事前対策)
( 2019.7.1)

▼概要
近年大規模な自然災害が相次いでおり、防災・減災に係る事前対策の取組が重要となっています。
このため、中小企業庁は、防災・減災に取り組む中小企業が策定した「事業継続力強化計画」を経済産業大臣が認定する制度を立ち上げます。
中小企業庁では、中小企業者の取組を後押しするため、今般、専門家派遣による計画策定支援事業(ハンズオン支援)と、計画策定の体験ができるワークショップを全国47都道府県で開催します。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

ものづくり白書(2019版)
( 2019.7.1)

▼概要
今回のものづくり白書では、我が国製造業が今後も競争力を維持・強化するための具体的な方策として、以下の4点を提起しています。
1.世界シェアの強み、良質なデータを活かしたニーズ特化型サービスの提供
2.第四次産業革命下の重要部素材における世界シェアの獲得
3.新たな時代において必要となるスキル人材の確保と組織作り
4.技能のデジタル化と徹底的な省力化の実施

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ


職場のハラスメント対策セミナー(全国)
( 2019.6.15)

▼概要
このセミナーでは、ハラスメント対策の必要性は感じているが、どう取り組めばよいのか分からないといった事業主や企業のご担当者の皆さまのために、具体的なノウハウをお伝えします。
主な内容
(1) 講義 → 企業が効果的にハラスメント対策を実施できるよう、セクハラ・パワハラ等の予防・解決の取組のポイント、取組事例、裁判例などについて解説します。
(2) グループワーク → 講義内容を踏まえ、セクハラ・パワハラ等の事例、自社で取り組む場合のハラスメント防止体制の在り方について検討するグループ討議を実施し、ハラスメントの予防・解決に向けた取組について理解を深めていただきます。

▼詳細
「東京海上日動リスクコンサルティング」厚労省委託事業
詳しくはこちらへ

地域まちなか活性化・魅力創出支援事業費補助金
( 2019.6.15)

▼概要
本事業では、魅力的な生活環境、商業・サービス業等の事業・起業環境や観光資源整備等の観点から、中心市街地を活性化するため、意欲ある地域における波及効果の高い取組を支援します。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金
( 2019.6.15)

▼概要
IoT 等の新技術を活用した物流の低炭素化及び効率的かつ低炭素な輸送モード等への転換によって、物流システム全体の低炭素化への転換を図るため、物流分野におけるエネルギー起源二酸化炭素排出の抑制に資する設備や技術等を導入する事業に要する経費の一部を補助するものです。

▼詳細
「国土交通省」
詳しくはこちらへ


無料! 節電診断・省エネ診断・講師派遣
( 2019.6.1)

▼概要
一般財団法人 省エネルギーセンターでは、中小企業の省エネや節電等に関する取組みを促すことを目的として、地域や業種などの特性や省エネ等に関する課題、ニーズに対して、皆さまの実情に合わせた支援を行うために3つの無料サービスを提供しています。
(1) 無料 省エネ診断
  電力や燃料・熱などの総合的な省エネ行動をサポートする診断サービスです。
(2) 無料 節電診断
  ビルや工場等のピーク電力削減など「節電行動をサポートする」診断サービスです。
(3) 無料 講師派遣
  省エネルギーや節電をテーマに含む「省エネ・節電説明会」に無料で講師を派遣するサービスです。

▼詳細
「一般財団法人 省エネルギーセンター」
詳しくはこちらへ

自家用発電設備等利用促進対策事業(補助金)
( 2019.6.1)

▼概要
本事業は、大規模災害時等に系統電力等の供給が途絶した際に、生活必需品の供給やサプライチェーン維持等のために重要な中小企業者の事業の中断を未然に阻止する体制を確保するため、石油製品等を用いる自家発電設備等の設置に要する経費に対して、当該経費の一部を助成するものです。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

2019年版「中小企業白書」「小規模企業白書」
( 2019.6.1)

▼概要
第1部では、最近の中小企業の動向について、中小企業の経常利益が昨年に引き続き過去最高水準にあり、景況感も改善傾向であること等を示しました。また、中小企業の財務や開廃業、人手不足等について分析を行いました。
第2部では、経営者の高齢化を踏まえ、引退する経営者や、新たに経営者になる者について、その現状や課題などについて分析を行いました。
第3部では、社会が大きく変化する中で、中小企業・小規模企業の経営者に期待される自己変革や、周囲の関係者との関わり方の再構築について、検討材料を提供しました。また、その典型例として、災害対策について分析を行いました。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ


小規模事業者持続化補助金
( 2019.5.15)

▼概要
小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、小規模事業者が、商工会・商工会議所の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等の経費の一部を補助します。
補助対象となる取組例
(1) 新たな顧客層の取り込みを狙い、チラシを作成・配布
(2) 店舗改装(小売店の陳列レイアウト改良、飲食店の店舗改修を含む。)
(3) ブランディングの専門家から新商品開発に向けた指導、助言
(4) 新たにPOSレジソフトウェアを購入し、売上管理業務を効率化する

▼詳細
「日本商工会議所」
詳しくはこちらへ

IT導入補助金2019
( 2019.5.15)

▼概要
本事業は、ITツール(ソフトウエア、ITサービス等)のサービスを導入しようとする事業者に対して、その事業費等の経費の一部を補助することにより、中小企業・小規模事業者の経営力向上を図ることを目的としています。
補助金の申請は、「IT導入支援事業者」による代理申請になりますので、申請書類作成での不安がある方でも大丈夫です。

▼詳細
「一般社団法人 サービスデザイン推進協議会」
詳しくはこちらへ

ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金
( 2019.5.15)

▼概要
本事業は、複数(2〜10者)の中小企業者等が連携し、新たな付加価値創出を図るプロジェクトを支援対象としており、事業者間でデータ・情報を活用した取り組みを対象とする「企業間データ活用型」と、地域未来投資促進法に基づく地域経済牽引事業計画に承認された連携体を対象とした「地域経済牽引型」の2つの事業類型があります。

▼詳細
「全国中小企業団体中央会」
詳しくはこちらへ


知的財産権制度説明会(初心者向け)開催
( 2019.5.1)

▼概要
特許庁及び独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)では、知的財産権制度の基礎的な内容について学びたい方、学ぶ必要のある方を対象に、初心者向けの無料説明会を全国47都道府県で開催します。
説明会では、知的財産権の基礎知識、知的財産権活用の効果など、ビジネスに役立つ情報を紹介しています。

▼詳細
「独立行政法人工業所有権情報・研修館/特許庁」
詳しくはこちらへ

商店街活性化・観光消費創出事業(補助金)
( 2019.5.1)

▼概要
商店街を活性化させ、魅力を創出するためには、近年大きな伸びを示しているインバウンドや観光等によって、地域外や日常の需要以外から新たな需要を取り込み、消費の喚起につなげることが重要です。
そこで、免税対応施設やWi-Fi設備、店舗の多言語対応化などの環境整備やインバウンド・観光需要を取り込むためのイベント等に上限2億円(補助率2/3以内)の補助金が活用できます。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

個人版事業承継税制(中小企業・小規模事業者 税制改正)
( 2019.5.1)

▼概要
個人事業者について、円滑な世代交代を通じた事業の持続的な発展の確保が喫緊の課題となっていることを踏まえ、個人事業者の事業承継を促進するため、
10年間限定で、多様な事業用資産の承継に係る相続税・贈与税を100%納税猶予する「個人版事業承継税制」が創設されました。

▼詳細
「中小企業庁」PDF
詳しくはこちらへ


軽減税率対策補助金の補助対象をさらに拡大
( 2019.4.15)

▼概要
中小企業庁は、2019年10月の消費税軽減税率制度の実施に向けて、複数税率に対応するレジの導入支援、受発注システムの改修等を補助金により支援してきましたが、全国の中小企業・小規模事業者等からの制度拡充の要望を踏まえて、軽減税率対策補助金の制度を拡充し、軽減税率制度の実施に向けた事業者の準備の加速化を支援していきます。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

事業承継補助金
( 2019.4.15)

▼概要
事業承継、事業再編・事業統合をきっかけとした、中小企業者等による経営革新や事業転換への挑戦を応援するため、「事業承継補助金」を実施します。
(1) 指定期間内に、事業承継(代表者の交代)を行う「後継者承継支援型」
(2) 指定期間内に、事業再編・事業統合を行う「事業再編・事業統合支援型」

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

中小企業組合等課題対応支援事業(補助金)
( 2019.4.15)

▼概要
中小企業が単独では解決することが難しい問題(ブランド化戦略、既存事業分野の活力低下、技術・技能の承継の困難化、環境問題等)に対して、中小企業組合等で連携して取り組む事業の調査やその実現化について、全国中小企業団体中央会から補助を行うものです。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ


「デジタル・ディバイド解消に向けた技術等研究開発」(補助金)
( 2019.4.1)

▼概要
総務省では、高齢者・障害者のための通信・放送役務の高度化に関するものやこれまでに実施されていない高齢者・障害者のための通信・放送役務に関するものの研究及び開発を行う中小企業等に対して、その研究開発資金の一部を支援します。

▼詳細
「総務省」
詳しくはこちらへ

事例から学ぶ商標活用ガイド
( 2019.4.1)

▼概要
商標は、商品名やロゴマークなど、ビジネスで必ずと言っていいほど使われるものです。「事例から学ぶ商標活用ガイド」では、そんな商標の活用方法や権利化のメリット等を、中小企業や地域の団体等による実際の活用事例を通じてご紹介しています。
また、商標制度の概要やよくある疑問などについてもご紹介しています。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

最小コストで販促にも結びつく、スマホ「QRコード決済」
( 2019.4.1)

▼概要
スマートフォンを利用したQRコード決済サービスが続々と登場しています。
特別な機器の追加なしに、最小限のコストで導入できるのが利点です。
売上は指定した銀行口座に振り込まれるため、その点は通常の電子マネーやクレジットカードによる決済とほとんど変わりません。
ここでは、数あるQRコード決済のなかでも手数料の少ないサービスについて、それぞれどのような特徴があるのかご紹介します。

▼詳細
「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ


お問合せ電話
お気軽にお問合せください

お役立ち情報

連絡先

神保社会保険労務士事務所

〒344-0058
埼玉県春日部市栄町2−108
TEL 048−755ー1797
FAX 048−763−0395

お問合せフォーム